トップページ  社協の組織  サービス一覧   活動の記録   リ ン ク

七重支部・七重分館合同 「認知症サポーター養成講座」

 2月16日、さしまクリーンセンター寺久において、認知症高齢者を含む認知症の人と、その家族を地域で支え合う環境づくりを推進することを目的として、認知症サポーター養成講座を開催しました。

 「認知症って何だろう?」と興味を持っている方はたくさんいると思いますが、これは、誰にでも起こる可能性がある、「脳の病気」です。

 約1時間の講義のなかで、認知症の症状や認知症の患者さんへの接し方、サポーターの心構えについて学びました。
 参加者のみなさんは、「認知症」について非常に興味を持っている方が多く、熱心に講師の話に耳を傾けていました。講義後は、「自分たちは認知症の人とどのように接したらよいのか?」「認知症の方々を地域でサポートしていくためには?」などといった意見交換が行われ、地域のみなさんの意識向上につながりました。
認知症サポーター
認知症サポーター養成講座


 講座を受けた全員に、オレンジリングが配布され、受講した90人のみなさんが「認知症サポーター」となりました。
 これは、認知症サポーターの目印で、認知症サポーターというのは、認知症の人の「応援者(応援する人)」です。

オレンジリング
オレンジリング


 みなさんも何か特別なことをする訳ではなくて、認知症の人を、あたたかい目で見守る気持ちを持っていただけたら幸いです。


 安心して心豊かに暮らせるまちづくりを目指し、職員一丸となり努力してまいりますので、ご協力よろしくお願いします。